アクティブなステレオ視覚による環境の面情報の獲得

[目次]

  • 目次 / p1
  • 1 序論 / p1
  • 1.1 本研究の背景 / p1
  • 1.2 本研究の概要と本論文の構成 / p8
  • 2 環境の面構造の復元 / p11
  • 2.1 緒言 / p11
  • 2.2 準備:幾何学,記号と表記法 / p13
  • 2.3 ステレオ対応アルゴリズム / p18
  • 2.4 面構造復元アルゴリズム / p23
  • 2.5 実験 / p32
  • 2.6 結言 / p48
  • 3 曲面の隠れ輪郭の検出 / p49
  • 3.1 緒言 / p49
  • 3.2 隠れ輪郭モデル / p51
  • 3.3 ステレオ対応アルゴリズム / p54
  • 3.4 隠れ輪郭の検出 / p62
  • 3.5 実験 / p63
  • 3.6 結言 / p74
  • 4 結論 / p75
  • 付録 / p77
  • A 視点ヒストグラム要素[数式],[数式]がFig.2.11のようになる理由 / p77
  • B 式(3.4)の導出 / p79
  • C 式(3.10)の導出 / p82
  • D 移動距離[数式](t=2,3,...)の満たすべき条件 / p84
  • E 曲率半径の推定値の不確かさ[数式]の低減 / p86
  • 謝辞 / p87
  • 参考文献 / p89
  • 関連論文 / p95

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アクティブなステレオ視覚による環境の面情報の獲得
著作者等 西川 敦
書名ヨミ アクティブナ ステレオ シカク ニ ヨル カンキョウ ノ メン ジョウホウ ノ カクトク
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想