ニホンザル放飼集団における血縁関係と社会的行動

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1、血縁個体への行動の進化に関する理論 / p1
  • 2、血縁個体への社会的行動の配分に影響を与える要因 / p4
  • 3、霊長類の母系血縁関係と社会的行動 / p7
  • 4、父子関係の解明の必要性と研究の進展 / p13
  • 5、本研究の目的 / p17
  • 第2章 方法 / p20
  • 1、観察対象 / p20
  • 2、観察方法 / p24
  • 3、争いにおける支援の定義 / p25
  • 4、個体の表記 / p27
  • 5、血縁関係の定義 / p28
  • 第3章 結果 / p29
  • 第1節 血縁個体への支援 / p29
  • 1、争いにおける支援の頻度 / p31
  • 2、血縁個体への支援の支援生起指数の平均値と中央値 / p36
  • 3、成体メスによる血縁個体への支援 / p37
  • 4、成体オスによる血縁個体への支援 / p49
  • 5、未成体による血縁個体への支援 / p57
  • 第2節 血縁個体への毛づくろい / p62
  • 1、毛づくろいの生起頻度 / p62
  • 2、血縁個体への毛づくろいの生起頻度の平均値と中央値 / p67
  • 3、成体メスによる血縁個体への毛づくろい / p68
  • 4、成体オスによる血縁個体への毛づくろい / p81
  • 5、未成体による血縁個体への毛づくろい / p92
  • 6、第1節と第2節のまとめ / p100
  • 第3節 血縁個体に対する行動と年齢の対応関係 / p104
  • 1、争いにおける支援の年齢に対応した変化 / p104
  • 2、毛づくろいの年齢に対応した変化 / p112
  • 3、まとめ / p127
  • 第4章 考察 / p129
  • 1、父系血縁個体への行動と血縁認知のメカニズム / p129
  • 2、ニホンザルのメスの繁殖価の変化と血縁個体に対する行動 / p135
  • 3、ニホンザルのメスによる血縁個体への関わりを規定する要因 / p140
  • 4、ニホンザルのオスによる血縁個体への関わりを規定する要因 / p143
  • 5、まとめ / p151
  • 要約 / p154
  • 引用文献 / p160
  • 謝辞 / p168

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ニホンザル放飼集団における血縁関係と社会的行動
著作者等 待田 昌二
書名ヨミ ニホンザル ホウシ シュウダン ニ オケル ケツエン カンケイ ト シャカイテキ コウドウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想