人間集合による空間形成に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 要旨 / p5
  • 第1章.序論:人間による空間形成の諸相 / p1
  • 1-1.人間による空間形成の諸相 / p2
  • 1-2.研究の位置づけと特色 / p11
  • 第2章.個体なわばり空間 / p25
  • 2-1.個体域 / p26
  • 2-2.壁空間における個体域 / p56
  • 2-3.指示代名詞の領域 / p63
  • 2-4.集団域 / p77
  • 2-5.個体なわばり空間のまとめ / p91
  • 第3章.空間配置形態の典型 / p95
  • 3-1.会話を可能と認識させる空間配置形態 / p95
  • 3-2.立ち話の型 / p103
  • 3-3.状況の変化と会話の型 / p108
  • 3-4.グループのメンバー間の距離 / p116
  • 3-5.会話時の人間どうしの型 / p120
  • 3-6.他人どうしの距離の可能認識 / p126
  • 3-7.空間配置形態の典型のまとめ / p130
  • 第4章.場の占有形態 / p133
  • 4-1.人間集合からみた空間の分類 / p133
  • 4-2.テーブル席の占有形態(選択相空間) / p134
  • 4-3.空間の対人的占有形態 / p142
  • 4-4.混み合った空間における個とグループの占有形態 / p147
  • 4-5.空間の密度感 / p153
  • 4-6.自由相空間と限定・選択相空間の関連 / p156
  • 第5章.結語:人間集合による空間形成の原理と構成 / p161
  • a.空間の意味と非均質性 / p161
  • b.集団における空間 / p166
  • c.物的構築空間の関与 / p168
  • d.物理的空間のとらえ方 / p168
  • e.生活における空間配置形態 / p170
  • f.限界一一条件としての文化 / p171
  • g.今後の課題 / p171
  • h.終わりに / p172
  • 謝辞 / p174
  • 引用・参考文献リスト / p175
  • 発表論文リスト / p179

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間集合による空間形成に関する研究
著作者等 西出 和彦
書名ヨミ ニンゲン シュウゴウ ニ ヨル クウカン ケイセイ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想