C[5]Me[5]基を安定化配位子として有する配位不飽和ルテニウム錯体の合成と反応

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 第2章 カチオン性ルテニウム錯体の合成と配位子異性化反応 / p6
  • 2-1節 緒言 / p7
  • 2-2節 ノルボルナジエンを配位子とするカチオン錯体の合成 / p10
  • 2-3節 配位不飽和カチオン錯体による配位子異性化反応 / p19
  • 2-4節 6-メチルフルベン錯体3と[化学式]との反応 / p24
  • 2-5節 配位子異性化の反応機構 / p28
  • 第3章 カチオン性配位不飽和ルテニウム種"(η⁵-C₅Me₅)Ru⁺"を用いたC-H結合活性化反応 / p35
  • 3-1節 緒言 / p36
  • 3-2節 μ₃-メチリダイン錯体の合成 / p39
  • 3-3節 μ₃メチリダイン錯体の生成機構 / p47
  • 3-4節 μ₃メチリダイン錯体と一酸化炭素の反応 / p50
  • 第4章 カチオン性配位不飽和ルテニウム種とケトン類の反応 / p61
  • 4-1節 緒言 / p62
  • 4-2節 オキサジエニル架橋2核ルテニウム錯体の合成 / p64
  • 4-3節 オキサジエニル架橋2核ルテニウム錯体の生成機構 / p76
  • 第5章 配位不飽和ルテニウムヒドリド錯体の合成と反応 / p79
  • 5-1節 緒言 / p80
  • 5-2節 カチオン性ヒドリド錯体の合成 / p81
  • 5-3節 3核ルテニウムヒドリド錯体の合成 / p92
  • 5-4節 カチオン性ヒドリド錯体の構造 / p98
  • 5-5節 3核ルテニウムヒドリド錯体の反応 / p99
  • 5-6節 アセテート架橋2核ルテニウムヒドリド錯体の反応 / p101
  • 第6章 総括 / p107
  • 第7章 実験項 / p111

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 C[5]Me[5]基を安定化配位子として有する配位不飽和ルテニウム錯体の合成と反応
著作者等 柿ケ野 武明
書名ヨミ C5Me5キ オ アンテイカ ハイイシ ト シテ ユウスル ハイイ フホウワ ルテニウム サクタイ ノ ゴウセイ ト ハンノウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想