高炉内におけるコークスの劣化に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 1章.緒論 / p6
  • 1.1 本研究の目的 / p7
  • 1.2 高炉内におけるコークスの劣化挙動に関する研究の進め方 / p11
  • 1.3 本論文の構成 / p13
  • 参考文献 / p15
  • 2章.コークスの組織、気孔構造とコークスの反応性 / p18
  • 2.1 実験方法 / p18
  • 2.2 脱灰処理によるコークス特性の変化 / p19
  • 2.3 反応性測定結果 / p21
  • 2.4 考察 / p21
  • 2.5 まとめ / p23
  • 参考文献 / p24
  • 3章.高温でのCO₂反応によるコークスの劣化機構 / p25
  • 3.1 コークスのCO₂反応後強度におよぼす反応温度の影響 / p25
  • 3.2 考察 / p32
  • 3.3 まとめ / p42
  • 参考文献 / p43
  • 4章.CO₂との反応によるコークスの強度低下の予測 / p44
  • 4.1 反応劣化の概念および反応劣化予測モデルの構成 / p44
  • 4.2 コークスのCO₂によるガス化反応速度の解析 / p46
  • 4.3 コークスのCO₂反応劣化予想モデル / p51
  • 4.4 アルカリを有する場合のコークスのCO₂反応劣化予測モデル / p58
  • 4.5 本モデルによる推定 / p64
  • 4.6 高炉内でコークスの受ける物理衝撃力の推定 / p69
  • 4.7 まとめ / p74
  • 参考文献 / p74
  • 5章.コークスとコークス中灰分との反応によるコークスの劣化 / p75
  • 5.1 実験方法 / p75
  • 5.2 結果および解析 / p76
  • 5.3 熱処理過程におけるコークス中の炭素と灰分の反応の検討 / p82
  • 5.4 まとめ / p85
  • 参考文献 / p86
  • 6章 コークス性状(コークス反応後強度:CSR)変更時における高炉内でのコークス性状変化 / p87
  • 6.1 試験概況および調査方法 / p87
  • 6.2 炉内コークスの挙動 / p89
  • 6.3 考察 / p94
  • 6.4 まとめ / p99
  • 参考文献 / p100
  • 7章.結論 / p101
  • 7.1 本論文の結論 / p101
  • 7.2 高炉におけるコークス使用法の提言 / p103
  • 7.3 今後の研究課題 / p104
  • 付録.1 符号の説明 / p105
  • 付録.2 コークスの品質試験法 / p106
  • 謝辞 / p107

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高炉内におけるコークスの劣化に関する研究
著作者等 西 徹
書名ヨミ コウロナイ ニ オケル コークス ノ レッカ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想