H形鋼強軸交叉形柱・はり接合部の弾・塑性せん断変形挙動に対する評価法に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 1. 序論 / p1
  • 1.1 柱とはりの剛接合とその特徴 / p1
  • 1.2 柱・はり接合部におけるせん断変形機構 / p7
  • 1.3 本論文に関連する既往の提案モデルとその問題点 / p12
  • 1.4 本研究の目的と概要 / p20
  • <参考文献> / p23
  • <第1章図面関係> / p27
  • 2. 柱・はり接合部におけるせん断抵抗機構に関する検討 / p40
  • 2.1 柱・はり接合部における作用力と抵抗力に対する基本仮定 / p40
  • 2.2 パネル部分抵抗力のモデル化に関する検討 / p43
  • 2.3 枠部分抵抗力のモデル化に関する検討 / p61
  • 2.4 結語 / p74
  • <参考文献> / p76
  • <第2章図面・表関係> / p78
  • 3. 極厚H形鋼を用いた柱・はり接合部の実大実験による検証 / p102
  • 3.1 実験計画 / p102
  • 3.2 実験の結果 / p107
  • 3.3 結果の考察 / p109
  • 3.4 結語 / p120
  • <参考文献> / p122
  • <第2章図面・表関係> / p123
  • 4. 単純モデル化による実用的な評価法の検討 / p166
  • 4.1 問題点 / p166
  • 4.2 柱・はり接合部せん断抵抗に対する実用的な剛性評価法の検討 / p173
  • 4.3 結語 / p189
  • <参考文献> / p190
  • <第4章図面・表関係> / p191
  • 5. 評価法の提案とその応用 / p261
  • 5.1 提案モデル / p261
  • 5.2 高カボルト引張接合による柱・はり接合部の弾・塑性せん断変形挙動への応用 / p265
  • <参考文献> / p269
  • <第5章図面関係> / p270
  • 6. 結論 / p279
  • 6.1 本研究のまとめ / p279
  • 6.2 鋼構造柱・はり接合部の弾塑性せん断変形挙動に対する残された今後の問題点 / p284
  • <参考文献> / p288
  • <謝辞> / p289
  • -付録-
  • 鋼構造に関する筆者の発表論文一覧

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 H形鋼強軸交叉形柱・はり接合部の弾・塑性せん断変形挙動に対する評価法に関する研究
著作者等 榎本 憲正
書名ヨミ Hガタコウ キョウジク コウサガタ ハシラ ハリ セツゴウブ ノ ダン ソセイ センダン ヘンケイ キョドウ ニ タイスル ヒョウカホウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想