十八烈士桜田快挙録

高橋筑峰 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 【一】 長岡ヶ原に烈士の屯集 / 1
  • 【二】 直弼の一言能く性格を現す / 8
  • 【三】 柳燕の画は不吉の兆乎 / 11
  • 【四】 秘密の集合に烈士の気焔 / 15
  • 【五】 塵芥船の奇策其図に当る / 20
  • 【七】 愛宕山頭志士の遺物は酒 / 27
  • 【七】 直弼の登栄と烈士の快挙 / 35
  • 【八】 皚々たる白雪紅と化す / 40
  • 【九】 君側に殉死す二刀の勇士 / 47
  • 【十】 関の働き御首既に船に移す / 51
  • 【十一】 御首と叫で倒る惨死の忠臣 / 56
  • 【十二】 竜の口に烈士悲壮の最期 / 63
  • 【十三】 脇坂邸に斃たる佐野の性格 / 71
  • 【十四】 忠義の徳利と血染の短冊 / 74
  • 【十五】 細川邸烈士自訴の実況 / 84
  • 【十六】 鋸の兇刃上覧の栄を給ふ / 93
  • 【十七】 当時を偲ぶ斬奸状の一節 / 96
  • 【十八】 五烈士姿を晦す白刃の下 / 100
  • 【十九】 志士一喝天下の糸平戦慄す / 110
  • 【二十】 断頭場に志士の首級を奪ふ / 117
  • 【二十一】 烈婦節義を守り獄中に死す / 122
  • 【二十二】 烈士可憐の女を救ふ / 129
  • 【二十三】 狡児の欝憤烈士危禍を招く / 136
  • 【二十四】 烈士狭斜に累継の辱を受く / 145
  • 【二十五】 快挙の領補伏見に熱涙滂沱 / 154
  • 【二十六】 天地に跼躋す烈士の運命 / 163
  • 【二十七】 偵吏の尾行は下僕の不注意 / 173
  • 【二十八】 烈士天王寺に悲絶の屠腹 / 183
  • 【二十九】 現代縉紳と快挙の関係 / 197
  • 快挙の拾遺数件

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 十八烈士桜田快挙録
著作者等 高橋 筑峰
書名ヨミ ジュウハチ レッシ サクラダ カイキョロク
書名別名 Juhachi resshi sakurada kaikyoroku
出版元 春江堂
刊行年月 明43.5
ページ数 214p 図版
大きさ 20cm
全国書誌番号
40016070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想