ヒト上皮細胞におけるヒトパピローマウイルス16型癌遺伝子の生物活性と転写制御に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 序論 / p1
  • 本論 / p8
  • 第1章 実験材料ならびに実験方法 / p8
  • 第2章 HPV16 でトランスフォームした細胞でのHPV16 遺伝子の発現 / p17
  • 第1節 ノーザンブロット及びSlマッピングによる分析 / p18
  • 第2節 cDNAクローニングによる分析 / p22
  • 第3節 考察 / p26
  • 第3章 ヒト上皮細胞におけるHPV16 E6及びE7の生物活性 / p30
  • 第1節 HPV16 E6及びE7のヒト皮膚ケラチノサイトに対する増殖促進活性 / p31
  • 第2節 HPV16 E6及びE7でトランスフォームしたヒト皮膚ケラチノサイトの性質 / p34
  • 第3節 考察 / p39
  • 第4章 HPV16 癌遺伝子(E6/E7)の細胞組織特異的な発現調節 / p42
  • 第1節 ヒト皮膚ケラチノサイトとヒト皮膚繊維芽細胞でのHPV16 癌遺伝子の転写活性の比較 / p43
  • 第2節 HPV16-LCR の細胞組織特異的なエンハンサー領域の同定 / p45
  • 第3節 HPV16 癌遺伝子のヒト上皮細胞特異的な転写調節機構の解析 / p52
  • 第4節 考察 / p55
  • 第5章 上皮細胞増殖因子(EGF) によるHPV16 癌遺伝子の発現調節 / p60
  • 第1節 HPV16 でトランスフォームしたヒト皮膚ケラチノサイト(PHK160b) のEGF による増殖調節 / p60
  • 第2節 EGF によるHPV16 癌遺伝子の発現抑制 / p62
  • 第3節 HPV16-LCR のEGF により制御される領域の同定 / p66
  • 第4節 考察 / p68
  • 総括 / p71
  • 謝辞 / p74
  • 引用文献 / p75
  • 論文要旨 / p84
  • 主論文目録 / p90
  • 副論文目録 / p91

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ヒト上皮細胞におけるヒトパピローマウイルス16型癌遺伝子の生物活性と転写制御に関する研究
著作者等 谷口 彰良
書名ヨミ ヒト ジョウヒ サイボウ ニ オケル ヒトパピローマウイルス16ガタ ガン イデンシ ノ セイブツ カッセイ ト テンシャ セイギョ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想