高分子担体を用いた固定化細胞の機能評価と細胞療法等への応用に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 緒論 / p1
  • 本論 / p4
  • 第一章 細胞の固定化に用いる高分子担体の特性 / p4
  • 第一節 アガロースマイクロビーズの特性 / p5
  • 第二節 アルギン酸-ポリ(L)リジンーアルギン酸(APA)マイクロカプセルの特性 / p8
  • 第三節 小括 / p15
  • 第二章 癌細胞封入アガロースマイクロビーズを用いた腫瘍誘導血管新生の新規in vivo評価系の開発 / p18
  • 第一節 アガロースマイクロビーズに封入したA431細胞の増殖とin vivo血管新生誘導能 / p19
  • 第二節 mouse hemoglobin enzyme-linked immunosorbent assay(mHb-ELISA)の確立とin vivo血管新生の定量 / p22
  • 第三節 癌細胞封入アガロースマイクロビーズ誘導血管の特性 / p26
  • 第四節 小括 / p36
  • 第三章 高分子担体を用いた固定化SK2細胞の機能評価と細胞療法への応用 / p38
  • 第一節 in vivoにおける固定化SK2細胞の機能評価 / p38
  • 第二節 固定化SK2細胞投与によるヒトインターロイキン-6トランスジェニックマウスの病態改善 / p43
  • 第三節 in vivoにおける固定化SK2細胞の機能評価 / p50
  • 第四節 小括 / p53
  • 第四章 細胞封入APAマイクロカプセルの免疫原性と免疫隔離性 / p55
  • 第一節 SK2細胞封入APAマイクロカプセルの投与に対するホストの免疫応答 / p55
  • 第二節 APAマイクロカプセルの免疫隔離性 / p59
  • 第三節 小括 / p62
  • 総括 / p65
  • 結論 / p68
  • 謝辞 / p70
  • 参考文献 / p71

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高分子担体を用いた固定化細胞の機能評価と細胞療法等への応用に関する研究
著作者等 岡田 直貴
書名ヨミ コウブンシ タンタイ オ モチイタ コテイカ サイボウ ノ キノウ ヒョウカ ト サイボウ リョウホウ トウ エ ノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想