脳性麻痺者における立位・歩行障害に関する生体力学的研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1・1 障害の階層構造とリハビリテーション / p1
  • 1・2 立位・歩行障害とその機能的原因 / p3
  • 1・3 立位・歩行に関する生体力学的研究小史 / p6
  • 1・4 本論文の目的と概要 / p11
  • 参考文献 / p12
  • 第2章 拘縮の病態と発生機序 / p16
  • 2・1 関節の構造 / p16
  • 2・2 拘縮の発生機序 / p21
  • 2・3 関節可動域の計測と拘縮の評価 / p25
  • 参考文献 / p30
  • 第3章 アライメントからみた立位障害の分析 / p33
  • 3・1 はじめに / p33
  • 3・2 方法 / p34
  • 3・3 結果 / p37
  • 3・4 考察 / p45
  • 3・5 要約 / p47
  • 参考文献 / p49
  • 第4章 非線形拘縮モデルによる立位姿勢のシミュレーション / p50
  • 4・1 はじめに / p50
  • 4・2 非線形拘縮モデル / p51
  • 4・3 立位のモデリングとシミュレーション / p60
  • 4・4 結果 / p62
  • 4・5 考察 / p65
  • 4・6 要約 / p67
  • 参考文献 / p68
  • 第5章 歩容とエネルギー消費からみた歩行障害の分析 / p69
  • 5・1 はじめに / p69
  • 5・2 方法 / p70
  • 5・3 結果 / p74
  • 5・4 考察 / p79
  • 5・5 要約 / p81
  • 参考文献 / p83
  • 第6章 Neural Rhythm Generatorをもつ歩行モデルとシミュレーション / p85
  • 6・1 はじめに / p85
  • 6・2 歩行モデル / p87
  • 6・3 シミュレーション / p101
  • 6・4 結果 / p102
  • 6・5 考察 / p111
  • 6・6 要約 / p114
  • 参考文献 / p115
  • 第7章 総括 / p117
  • 謝辞 / p123
  • 付録1:歩容の定義 / p124
  • 付録2:第6章の歩行シミュレーションに用いたパラメータ / p126

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 脳性麻痺者における立位・歩行障害に関する生体力学的研究
著作者等 渡壁 誠
書名ヨミ ノウセイ マヒシャ ニ オケル リツイ ホコウ ショウガイ ニ カンスル セイタイ リキガクテキ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想