鉄筋コンクリート柱状部材の損傷過程と振動特性の定量化に関する実験的研究 : RC高橋脚の損傷評価に対する基礎的研究として

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 緒論 / p1
  • 1・1 研究の背景と目的 / p1
  • 1・2 研究の方法 / p2
  • 1・3 RC高橋脚のモデル化 / p3
  • 1・4 RC高橋脚モデルの解析の基本式 / p5
  • 第2章 RC柱状部材の損傷と振動特性に及ぼす材料特性の違いの影響に関する実験的研究 / p10
  • 2・1 目的 / p10
  • 2・2 RC柱状部材の振動特性に関する基礎的実験 / p10
  • 2・3 損傷程度の評価の可能性 / p12
  • 2・4 損傷過程と振動数の変化の計算 / p13
  • 2・5 振動特性に及ぼす材料特性の違いの影響 / p14
  • 2・6 振動数による損傷度評価 / p15
  • 2・7 第2章の結論 / p17
  • 第3章 RC柱状部材の損傷と振動特性に及ぼす柱基部鉄筋の引き抜けおよび2軸曲げ載荷の影響に関する実験的研究 / p36
  • 3・1 目的 / p36
  • 3・2 柱基部鉄筋の引き抜けの影響に関する基礎的実験 / p36
  • 3・3 柱基部鉄筋の定着方法の違いに関する実験結果と考察 / p38
  • 3・4 RC柱状部材の振動特性に及ぼす2軸曲げ載荷の影響に関する実験的研究 / p42
  • 3・5 第3章の結論 / p44
  • 第4章 各種ランダム波形入力によるRC柱状部材の損傷 / p84
  • 4・1 目的および実験概要 / p84
  • 4・2 実験結果 / p85
  • 4・3 解析方法および解析結果と考察 / p90
  • 4・4 第4章の結論 / p93
  • 第5章 結論および謝辞 / p109
  • 5・1 結論および提案 / p109
  • 5・2 本研究の発展と今後の問題点 / p111
  • 5・3 謝辞 / p112
  • 参考文献 / p113

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄筋コンクリート柱状部材の損傷過程と振動特性の定量化に関する実験的研究 : RC高橋脚の損傷評価に対する基礎的研究として
著作者等 古澤 誠司
書名ヨミ テッキン コンクリート チュウジョウ ブザイ ノ ソンショウ カテイ ト シンドウ トクセイ ノ テイリョウカ ニ カンスル ジッケンテキ ケンキュウ : RC コウキョウキャク ノ ソンショウ ヒョウカ ニ タイスル キソテキ ケンキュウ ト シテ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想