フォトリフラクティブ結晶中の光波結合を用いた画像増幅に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 要旨 / p1
  • 序論 / p3
  • 第1章 フォトリフラクティブ結晶中での二光波結合 / p5
  • 1-1 フォトリフラクティブ効果 / p5
  • 1-2 二光波結合 / p12
  • 第2章 干渉縞を移動させることによる増幅率の向上 / p21
  • 2-1 干渉縞の移動による増幅率向上の原理 / p21
  • 2-2 実験光学系 / p23
  • 2-3 増幅率のパラメーター依存性の測定 / p25
  • 2-4 増幅率のパラメーター依存性のメカニズムの解析 / p30
  • 2-5 考察 / p36
  • 第3章 信号光のチョッピングによる増幅率向上 / p41
  • 3-1 増幅率向上の原理 / p41
  • 3-2 実験光学系 / p43
  • 3-3 増幅率の測定 / p43
  • 3-4 信号光の偏光面を回転させる方法 / p48
  • 3-5 考察 / p51
  • 第4章 二光波結合による画像増幅 / p58
  • 4-1 光トランジスターアレイとしての二光波結合 / p58
  • 4-2 信号光の選択的な増幅-1次元の場合 / p58
  • 4-3 選択的な増幅の実験 / p62
  • 4-4 信号光の選択的な増幅-参照光に2次元分布をもつパターンを入力する場合 / p67
  • 4-5 考察 / p74
  • 第5章 増幅画像の画質の向上-スペックルノイズの除去- / p86
  • 5-1 スペックルノイズ除去の原理 / p87
  • 5-2 実験 / p87
  • 5-3 考察 / p90
  • 第6章 二光波結合の光計測への応用-位相物体の可視化- / p94
  • 6-1 位相物体を可視化する原理 / p94
  • 6-2 実験 / p97
  • 6-3 考察 / p100
  • 総括 / p105
  • 謝辞 / p108
  • Appendices / p109
  • Appendix A:チャージトランスポートモデルから電場分布と位相差を求める方法 / p110
  • Appendix B:干渉縞の移動を考慮したチャージトランスポートモデル / p111
  • 参考文献 / p114

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 フォトリフラクティブ結晶中の光波結合を用いた画像増幅に関する研究
著作者等 川田 善正
書名ヨミ フォトリフラクティブ ケッショウチュウ ノ コウハ ケツゴウ オ モチイタ ガゾウ ゾウフク ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想