離散ひびわれ用の新ハイブリッドストレス要素とコンクリートの破壊への応用

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 研究の背景および目的 / p1
  • 1.2 既往の研究と問題点 / p3
  • 1.3 本論文の構成 / p8
  • 第2章 ハイブリッド型コンプリメンタリーエネルギーにもとずく極限解析用離散化モデルの機能拡張 / p10
  • 2.1 はじめに / p10
  • 2.2 変分原理 / p11
  • 2.3 弾塑性剛性行列の誘導 / p17
  • 2.4 数値計算結果による検証 / p21
  • 2.5 まとめ / p29
  • 第3章 ハイブリッド型コンプリメンタリーエネルギーにもとずく弾塑性離散化モデルの構築 / p30
  • 3.1 はじめに / p30
  • 3.2 弾塑性剛性行列の誘導 / p31
  • 3.3 数値計算 / p40
  • 3.4 まとめ / p55
  • 第4章 コンクリートのひずみ軟化解析に資するハイブリッド型離散化モデルの開発 / p57
  • 4.1 はじめに / p57
  • 4.2 ひずみ軟化を考慮した変分原理 / p58
  • 4.3 ひずみ軟化を考慮した弾塑性剛性行列の誘導 / p60
  • 4.4 複合モード破壊の条件式と引張軟化 / p64
  • 4.5 数値解析法 / p66
  • 4.6 ひずみ軟化材料の破壊に関する数値解析と検証 / p69
  • 4.7 まとめ / p81
  • 第5章 内圧を受けるコンクリート中空円筒の破壊挙動の解明 / p83
  • 5.1 はじめに / p83
  • 5.2 内圧を受ける中空円筒の破壊圧力および破壊性状 / p84
  • 5.3 解析条件 / p86
  • 5.4 挙動の解明 / p89
  • 5.5 まとめ / p104
  • 第6章 一次元要素を用いた簡易ひずみ軟化解析法 / p107
  • 6.1 はじめに / p107
  • 6.2 弾塑性剛性行列の誘導 / p107
  • 6.3 オフセットビーム要素 / p115
  • 6.4 トラス要素による数値計算結果による検証 / p116
  • 6.5 はり要素による数値計算結果による検証 / p120
  • 6.6 まとめ / p126
  • 第7章 結論 / p127
  • 付録 / p132
  • 謝辞 / p148
  • 参考文献 / p149

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 離散ひびわれ用の新ハイブリッドストレス要素とコンクリートの破壊への応用
著作者等 伊良波 繁雄
書名ヨミ リサン ヒビワレヨウ ノ シン ハイブリッド ストレス ヨウソ ト コンクリート ノ ハカイ エ ノ オウヨウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想