新撰中学文範

堤達也, 竹野長次 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 文語 / 1
  • 二 文例 / 27
  • 松の内の賀 / 27
  • 春の川から / 29
  • 春夜 / 33
  • 春雨の後 / 34
  • 椿 / 35
  • 尋花 / 37
  • 梨の花と菜の花と / 39
  • 故郷春色今若何 / 40
  • 朝雲暮雲 / 30
  • 国花 / 31
  • 京都の四季 / 48
  • 夏の一日 / 54
  • ヱンラン躑躅 / 61
  • 青空 / 68
  • 日記の一節 / 75
  • 一夏の清興 / 79
  • 滝の音 / 82
  • 雨後の田家 / 83
  • 麦藁帽子の伝 / 85
  • 此の頃の富士の曙 / 89
  • 鎮守の森 / 91
  • 夕雲 / 94
  • 一夕観 / 96
  • 月の浜辺 / 100
  • 虫の声 / 102
  • 武蔵野 / 105
  • 階上の窓より / 112
  • 新秋の望み / 117
  • 武蔵野(その二) / 121
  • 或る夕 / 126
  • 枯草 / 129
  • 冬枯の大井川 / 135
  • 兎狩 / 139
  • 京都より / 143
  • 奈良より / 148
  • 天の橋立に遊ぶ / 152
  • 旅 / 155
  • 帰国の途上 / 162
  • 富士川の急瀬 / 175
  • 日本アルプスへ / 178
  • 詩的思想 / 194
  • 日本海の夕浪と北海の朝潮 / 201
  • 三年振り / 205
  • 比叡山の眺望 / 208
  • 武士の風流 / 212
  • 病院の一日 / 218
  • 随筆三題 / 223
  • 泥棒 / 227
  • 展墓 / 237
  • 寂しき城址 / 240
  • 夜の病院生活 / 242
  • 田舎と偉人 / 244
  • 船室の記 / 246
  • 山語 / 250
  • 日記の一節 / 254
  • 福来口を見る記 / 257
  • 分水嶺 / 261
  • 真野御陵に詣でて / 264
  • 或月の或日 / 269
  • 極地の探検 / 273
  • 三宅文学博士の平清盛と源頼朝の文を評す / 282
  • 大町桂月の文を評す / 290
  • 三 附録 / 298
  • 送り仮名一斑 / 306
  • 誤り易き仮名遣 / 307
  • 宛字一斑 / 312
  • 漢字の部首名称 / 313
  • 正字と俗字 / 316
  • 和字 / 319
  • 漢字の或る意味に別の意をつけたるもの / 320

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新撰中学文範
著作者等 堤 達也
竹野 長次
書名ヨミ シンセン チュウガク ブンパン
出版元 博文館
刊行年月 大正7
ページ数 322p
大きさ 17cm
全国書誌番号
43054730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想