米国経済の見方

和田信夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 米國の經濟を如何に見るか / 1
  • 第一節 新たなる經濟戰へ / 1
  • 第二節 國際貿易の優勝者 / 4
  • 第三節 米國は戰時成金 / 7
  • 第四節 戰前に於ける貿易上の缺陷 / 10
  • 第五節 米國の新貿易政策 / 17
  • 第六節 米國海運の復活と經營難 / 20
  • 第二章 經濟樣式の轉換 / 26
  • 第一節 天然資源と生産技術 / 26
  • 第二節 米國の國富と國民所得 / 31
  • 第三節 生活樣式の向上 / 34
  • 第四節 小賣制度の發達 / 39
  • 第五節 富の増加と地理的考察 / 43
  • 第三章 大戰亂と米國貿易 / 49
  • 第一節 戰時貿易の特徴 / 49
  • 第二節 貿易の内容的變化 / 51
  • 第三節 貿易の分量的變化 / 55
  • 第四節 金の輸出入趨勢 / 59
  • 第五節 貿易外の輸出 / 64
  • 第四章 出超貿易と對外投資 / 78
  • 第一節 輸出超過は何時まで續くか / 78
  • 第二節 金融業者の立場 / 82
  • 第三節 米國の對南米投資 / 86
  • 第四節 加奈陀に於ける米國の經濟的發展 / 91
  • 第五章 事業界の趨勢 / 96
  • 第一節 失業者の増減 / 96
  • 第二節 物價並に賃金の變動 / 100
  • 第三節 生産力の増加 / 107
  • 第四節 工業能率の増進 / 110
  • 第五節 自動車工業の發達 / 113
  • 第六節 奢侈品の生産増加 / 116
  • 第六章 米國に於ける物價調節 / 122
  • 第一節 供給及び分配に關する施設 / 122
  • 第二節 消費及び輸出制限に關する施設 / 127
  • 第三節 交通機關に關する施設 / 128
  • 第四節 價格決定に關する施設 / 130
  • 第七章 一九二〇年の財界危機 / 131
  • 第一節 過剰生産の祟り / 131
  • 第二節 對露通商問題 / 139
  • 第八章 財界の救濟策 / 143
  • 第一節 關税保護 / 143
  • 第二節 エマージエンシー・タリフ・アクト / 147
  • 第三節 アメリカン・ヴァリュエーシヨン・アクト / 159
  • 第四節 アンチ・ダンピング・アクト / 161
  • 第五節 其他の救濟策 / 163
  • 第九章 米國の輸出品と海外市場 / 166
  • 第一節 米國農民の立場 / 166
  • 第二節 歐洲諸國の購買力 / 169
  • 第三節 米國農産物の世界的地位 / 173
  • 第四節 歐洲に於ける農産物の自給と米國の輸出農産物 / 185
  • 第五節 歐洲以外の農産國との競爭 / 203
  • 第六節 農産物貿易の前途 / 215
  • 第七節 國内消費の膨張 / 223
  • 第十章 米國産業の特色 / 228
  • 第十一章 米國に於ける信用の膨張 / 239
  • 第一節 信用の膨張と物價 / 239
  • 第二節 米國金融の中樞 / 250
  • 第三節 米國の證券取引 / 256
  • 第十二章 貿易奬勵の施設 / 262
  • 第一節 船舶に對する保護 / 262
  • 第二節 政府機關の活動 / 265
  • 第三節 開戰後に於ける特殊の施設 / 276
  • 第十三章 ドーズ案と米國財界 / 283
  • 第一節 ドーズ案の骨子 / 283
  • 第二節 ドーズ案實施に伴ふ影響 / 286

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 米国経済の見方
著作者等 和田 信夫
書名ヨミ ベイコク ケイザイ ノ ミカタ
シリーズ名 通俗財政経済大系 ; 第23編
出版元 日本評論社
刊行年月 大正14
ページ数 292p
大きさ 18cm
NCID BN15909457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43046959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想