斗米遺粒 : 自治行政資料

樫田三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 一般之卷
  • 第一章 學制頒布五十年所感 / 1
  • 第二章 對青年訓(上) / 5
  • 第三章 對青年訓(下) / 16
  • 第四章 雄辯家たるの五大條件 / 22
  • 第五章 萬歳と年號 / 25
  • 第六章 人生と時間 / 27
  • 第七章 井上友一博士と紅葉 明治天皇御製 / 36
  • 第八章 返信と面會 山崎闇齋、三枝七内 / 37
  • 第九章 老朽と若朽 官公吏たる條件資格 明治天皇の御勵精、桂公恐縮す / 39
  • 第十章 三人我師 / 42
  • 第十一章 疑問なり大石良友の碑 / 49
  • 第十二章 活動の生涯 / 52
  • 第十三章 圖書館巡回文庫の利用 / 54
  • 第十四章 王陽明と家庭教育 客座私視 小杉大坪小學校長 / 55
  • 第十五章 紀念事業 精神的に經營せよ、冷熱を警しむ / 57
  • 第十六章 地方改良と官公吏 / 58
  • 第十七章 地方改良と地方議員 / 60
  • 第十八章 官職と公事 / 62
  • 第十九章 低利資金と基本財産に就て / 63
  • 第二十章 予の治水觀 群馬縣、山梨縣の例、水害後の所感 / 64
  • 第二十一章 公設洗濯所の實施を望む / 77
  • 第二十二章 廣告の世の中 勤王家野見鍗次郎の遺訓と石垣甲子造君 / 79
  • 第二十三章 名所舊蹟古存物の保護 / 81
  • 第二十四章 會社の弊害 / 82
  • 第二十五章 碑石建設 / 84
  • 第二十六章 登記事務に就て / 85
  • 第二十七章 農村共同風呂 / 86
  • 第二十八章 對新聞紙所感 / 87
  • 第二十九章 戰後教育私見 / 90
  • 第三十章 模範町村とは / 96
  • 第三十一章 形式より實際に 警察部長時代の大芝知事と趣味 / 96
  • 第三十二章 町村吏員會同に於ける演述 國家と自治、名譽職、納税整理執務の親切、秩序ある町村民、 / 100
  • 第三十三章 歐洲戰役前後の貿易順逆 / 109
  • 第三十四章 尼港問題より得たる教訓 香田伍長の偉功 / 111
  • 第三十五章 各種事業の補助費 / 113
  • 第三十六章 各種事業の視察 / 115
  • 第三十七章 農業の本領と恒産恒心 / 116
  • 第三十八章 君子國禮儀國の昔を憶ふ 幣原文部視學官 伊香保に在ませし三殿下 川上恩師の國風 / 119
  • 第三十九章 生糸貿易の現状と蠶業 佐賀縣西松浦郡蠶業研精會組織發起會席上 / 123
  • 第四十章 主從關係(上官と下官) / 127
  • 第四十一章 非地價修正論 / 128
  • 第四十二章 官吏と實業 / 141
  • 第二編 地方の卷
  • 第四十三章 福岡縣嘉穗郡の三紺綬褒章 / 151
  • 第四十四章 福岡縣嘉穗農學校の長男養成主義 / 161
  • 第四十五章 日本一の模範的開墾事業 藤田組の經營、兒島灣の埋立 / 163
  • 第四十六章 模範的學校建設 伊萬里商業學校の郡直營工事、用材拂下の困難、大串郡會議長と郡長の陳情、甲種昇格、縣立移管、 / 179
  • 第四十七章 村民共樂地と神社整理 群馬縣多野郡三波川村、平井村、佐賀縣西松浦郡大川内村、 / 187
  • 第四十八章 市電乘車賃の引上 / 189
  • 第四十九章 東京に於ける三巨頭政治 知事、市長、警視總監、 / 191
  • 第五十章 耕地整理 長野縣に於ける模範耕整、海之口と内鎌、故人荒山徳右衛門、那須淺太の偉績 / 192
  • 第五十一章 有田燒 / 194
  • 第五十二章 消費節約 / 201
  • 第五十三章 大日本蠶糸會褒賞授與式に於ける演述 / 227
  • 第五十四章 長崎縣志佐海水浴塲開塲式に於ける演述 / 232
  • 第五十五章 有田工業學校卒業式に於ける演述 / 235
  • 第五十六章 伊萬里商業學校卒業式に於ける演述 / 237
  • 第五十七章 西松浦郡農學校卒業式に於ける演述 / 240
  • 第五十八章 東北の十日間 / 241
  • 第五十九章 甲府市の三十日間 / 260
  • 第六十章 小濱遊艸 / 270
  • 第六十一章 親愛なる學生諸子に告ぐ / 275
  • 第三編 日本帝國と酪農
  • 第六十二章 予の乳牛奬勵意見 / 279
  • 第六十三章 乳牛飼育の利益 / 285
  • 第六十四章 乳牛奬勵の方法 / 291
  • 第六十五章 森永會社の貢献 / 305
  • 第六十六章 森永第八工場を如何に見るべきか / 308
  • 第六十七章 乳牛飼育者と乳牛 / 318
  • 第六十八章 種牡牛の撰擇 / 319
  • 第六十九章 乳牛奬勵に關する希望 / 320
  • 第七十章 結論 將來の富源は舊松浦郡一帶、山本志佐町長太田實業同志會長等の熱心 / 321
  • 第七十一章 森永製菓工場の一日 / 322

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 斗米遺粒 : 自治行政資料
著作者等 樫田 三郎
書名ヨミ トベイ イリュウ : ジチ ギョウセイ シリョウ
出版元 樫田三郎
刊行年月 大正12
ページ数 332p
大きさ 22cm
全国書誌番号
43038410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想