聖き愛の世界へ

帆足理一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序詩 聖愛の世界へ
  • 第一章 戀と愛 / 1
  • 戀愛とは何?
  • 戀と愛とを分つ性欲的要素
  • 性の進化
  • 性欲より戀へ
  • 戀の順禮
  • 戀の手習ひ
  • 戀の神祕
  • 戀の排他性と愛の抱擁性
  • 戀と愛との成立要素
  • 戀より愛へ
  • 愛し得ざる惱み
  • 第二章 創造的戀愛生活 / 55
  • 創造と享樂
  • 戀の憧れと飽滿
  • 創造的戀愛と享樂的戀愛
  • 不朽の戀
  • 第三章 イブセンの「ブラント」と男性美 / 69
  • 男性美の要求
  • 「全か無か」のモトオと人道的奉仕
  • 勇敢なる神の戰士と偶像の破壊
  • 一切を失ひしブランド
  • 「卑怯なる妥協」とブランドの最後
  • 嗚呼妥協的日本!
  • 第四章 理想的人格主義と近世の三大詩人 / 93
  • 緒言
  • ゲエテのファウスト
  • テニズンのアーサア王物語
  • ブラウニングの指輪と書卷
  • 第五章 ブラウニングの「彫像と胸像」 / 113
  • 解説 リカアディー夫人とファーディナンド太公の戀
  • 第六章 ダンテの「神曲」と其人生觀 / 147
  • ダンテとベヤツリチェの戀
  • 地獄の倫理
  • 救ひの道
  • 天界の祝福と修行
  • 人生の目的
  • 第七章 文藝と人生 / 175
  • 人生の批判
  • 人生の創造
  • 預言的職分
  • 第八章 トルストイの「藝術論」 / 188
  • 美とは何?
  • 藝術の本質
  • 貴族藝術と民衆藝術
  • 特權階級と藝術の墮落
  • 享樂藝術の非民衆的要素
  • 似是非藝術の歡興的努力
  • ワグナアの非民衆的藝術
  • 藝術の情的感染性と其宗教的内容
  • 藝術の融合性と世界同胞的理想
  • 民衆藝術の使命とイエスの福音
  • 第九章 ウエルスの「モオダン ユウトピヤ」 / 254
  • 世界的共和と進化の國
  • 自由の國
  • 新理想國の經濟組織
  • 新理想國に於ける劣敗者
  • 新理想國の男女關係
  • 新理想國に於けるサムライ
  • 第十章 社會生活の基調 / 277
  • 新しき社會哲學の要求
  • 自然に於ける相互扶助
  • 弱者を助けんとする自由競爭
  • 社會奉仕の精神
  • 宇宙的奉仕と生命發展の原理
  • 第十一章 社會連帶の精神 / 300
  • 同族連帶
  • 國家的連帶
  • 世界同胞的連帶
  • 連帶的精神の徹底
  • 社會連帶と人格價値
  • 第十二章 價値觀の逆倒 / 333
  • 價値とは何
  • 價値と實在
  • 不變性より進化性へ
  • 原因より理想へ
  • 普遍より特殊へ
  • 第十三章 世界の民本化と宗教の職分 / 368
  • 國家至上主義の沒落
  • 宗教の民本化
  • 宗教の統一
  • 宗教の現世化
  • 社會の宗教化
  • 第十四章 自由人の信仰 / 387
  • 迷信の由來
  • 豫言と迷信
  • 奇蹟と迷信
  • 無宗教と自由人の信仰
  • 宇宙の人格化と人生の聖化
  • 既成宗教の權威と謙虚なる信仰
  • 第十五章 神と宇宙 / 421
  • 神と宇宙との關係に關する問題
  • 實際主義的考察
  • 神は宇宙の原因なりや
  • 神は萬物の創始者か建設者か
  • 邪惡創造の責任者は誰れ?
  • 創造の神か善美の神か
  • 過去の社會は何故に力を崇拜せしや
  • 不完全なる宇宙
  • 宇宙の創造的進化
  • 神と惡魔の爭鬪

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 聖き愛の世界へ
著作者等 帆足 理一郎
書名ヨミ キヨキ アイ ノ セカイ エ
出版元 博文社
刊行年月 大正13
版表示 訂11版
ページ数 476p
大きさ 19cm
全国書誌番号
43035874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想