合関率 : 農学研究

横井時敬 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 緒言 / 1
  • 二 総体的研究と分解的研究 / 11
  • 三 分解的研究の価値 / 18
  • 四 分解的研究の欠点 / 26
  • 五 総体的研究法の困難 / 40
  • 六 最少率 / 44
  • 七 比例率 / 50
  • 八 相関率 / 57
  • 九 土地報酬漸減率 / 60
  • 十 合関率又結合率の意義 / 64
  • 十一 米価と米の特質 / 72
  • 十二 肥料の価格に関する研究 / 82
  • 十三 施肥上の原則 / 107
  • 十四 地位の査定 / 107
  • 十五 農具家畜等の審査 / 113
  • 十六 農場の選択 / 117
  • 十七 農場内に於ける農舎の位地 / 141
  • 十八 土地の利用 / 149
  • 十九 農業組織に探るべき事業の選択 / 171
  • 二十 作物の選択 / 187
  • 二一 生産の分量 / 208
  • 二二 農業の組織 / 234
  • 二三 チューネンの経済圏 / 247
  • 二四 簿記的研究 / 256
  • 二五 結論 / 263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 合関率 : 農学研究
著作者等 横井 時敬
書名ヨミ ゴウカンリツ : ノウガク ケンキュウ
書名別名 Gokanritsu
出版元 成美堂書店
刊行年月 大正6
版表示 再版
ページ数 268p
大きさ 23cm
NCID BN05398238
BN11061760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43022770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想