実地指南米作大増収実話

篠原定蔵 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 はしがき / 1
  • 第二 稻作と陽氣 / 7
  • 第三 稻作と土性 / 11
  • 第四 稻の種類しらべ / 13
  • 一 草出來株張りの多少につき / 16
  • 二 穗のさまざま / 18
  • 三 毛稻と坊主稻 / 20
  • 四 早生と中生と晩生と / 21
  • 第五 種類の撰み方及び改良の說 / 23
  • 第六 種の早採り拔穗の說-增収法の第一要義- / 30
  • 一 種及種採り時季の硏究 / 31
  • 二 熟度の硏究と種の採り時期 / 34
  • 三 拔穗の要及注意 / 39
  • 四 穗の拔き方 / 42
  • 五 拔穗の乾し方 / 45
  • 六 穗の扱落しと種の拵へ方 / 45
  • 七 採種要說 / 49
  • 第七 種の撰り方 / 50
  • 第八 長時期種浸しの說 (一名百日浸)-增收法の第二要義- / 53
  • 一 種浸しの今昔 / 54
  • 二 長時期種浸しの由來-種と水中の生存力- / 57
  • 三 長時期浸種の一大特色-不陽氣にまけぬ一大原理の一- / 60
  • 四 水圍法と種の浸し方 / 64
  • 五 土圍法 / 66
  • 六 種浸し要說 / 68
  • 第九 種の早蒔說-增收法の第三要義- / 70
  • 一 早蒔說の由來 / 71
  • 二 早蒔時期試驗 / 74
  • 三 種の早蒔時期 / 80
  • 四 種蒔の時期と稻の稔り方 / 82
  • 五 薄蒔の種子量 / 84
  • 六 早蒔苗の一大特色-稻苗の新記錄- / 89
  • 七 早蒔要說 / 92
  • 第十 苗代の作業 / 94
  • 一 苗代の見立方 / 94
  • 二 耡起し及水代 / 96
  • 三 短冊の作り方 / 99
  • 四 種の蒔附方-種蒔法の新記錄- / 103
  • 五 苗代の水加减及び注意 / 109
  • 六 我が農法苗の生育ぶり-稻苗の一大特色- / 113
  • 七 苗代の肥料 / 124
  • 八 追肥主義新說 / 128
  • 九 苗代と黑灰肥料 / 132
  • 一〇 苗代の草取り手入 / 134
  • 一一 苗代の蟲害-害蟲殺滅簡易法- / 138
  • 一二 蛙と蚯蚓の害 / 141
  • 一三 軟かき苗はいかにすべきか / 144
  • 一四 苗の化熟と苗の植附-未熟苗は稻熱病のもと- / 145
  • 第十一 陸苗代一班 / 148
  • 一 陸苗代の得失 / 148
  • 二 陸苗代の作り方及ひ蒔附 / 150
  • 三 水灌け及び肥料其他 / 150
  • 第十二 苗育成要說 / 152
  • 第十三 本田の整理-土は家なり- / 156
  • 一 稻田の一斑 / 156
  • 二 秋田の耡き起し及び冬水の事 / 158
  • 三 耕土を深くせよ 附馬耕の事-增収法の一大要件- / 162
  • 四 春田の耡き返し及花田の耡き起し / 168
  • 五 水代田拵への事 / 171
  • 第十四 田植の作業 / 174
  • 一 田の植ゑ時 / 174
  • 二 苗の拔き取り及び取り扱ひ方 / 176
  • 三 植附の方式 / 180
  • 四 株數及苗數の多少 / 185
  • 五 植ゑ方の上手下手-淺植にせよ- / 192
  • 第十五 本田作付要說-稻作を本位にせよ- / 199
  • 第十六 夏季の陽氣と稻の成育ぶり 附手入の注意 / 203
  • 第十七 除草の手入 / 207
  • 一 草除りの要 / 207
  • 二 草除の時期及取り方 / 208
  • 三 稻の根の張り方と除草との關係-根の說- / 214
  • 第十八 本田の水灌け及水落し / 217
  • 一 水灌けの一斑 / 217
  • 二 田養水の性質と灌け方の注意 / 219
  • 三 稻の一代と水の灌け方 / 222
  • 四 水落しの時期及注意 / 225
  • 第十九 成熟期の陽氣と稻の稔り方 附稻作の豊凶 / 226
  • 第二十 收穫の作業 / 231
  • 一 刈取り時期の早晩 / 235
  • 二 刈取り及收納 / 336
  • 三 収穫しらべ / 242
  • 第二十一 稻作の收支 / 245
  • 第二十二 稻に後熟の作用なし-新發見 新說- / 253
  • 第二十三 稻作の肥料 其一 / 259
  • 一 肥料の一斑 / 259
  • 二 肥料の成分及其性質 / 261
  • 三 肥料の効き方 / 265
  • 第二十四 稻作と肥料 其二 / 270
  • 一 稻作と三成分の配合及施肥の一斑標準 / 270
  • 二 稻作と肥料の効き方 / 277
  • 三 肥料の効き方と施し方注意 / 279
  • 第二十五 稻作と肥料 其三 / 285
  • 一 手間肥と金肥と稻作と / 285
  • 二 稻作と草肥及其使ひ方 / 286
  • 三 紫雲英肥料つかひ方の注意 / 292
  • 四 金肥の使ひ方一斑 / 297
  • 第二十六 稻作と肥料 其四 / 302
  • 一 燐酸肥料使ひ方の注意 / 302
  • 二 石灰肥料の使ひ方につき / 308
  • 第二十七 稻作と肥料 其五 / 311
  • 一 肥料の用量 / 311
  • 二 追肥の必要及施し方 / 316
  • 三 肥料要說 / 321
  • 第二十八 堆積肥料の說 / 324
  • 第二十九 結論 / 331

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実地指南米作大増収実話
著作者等 篠原 定蔵
篠原 定藏
書名ヨミ ジッチ シナン ベイサク ダイゾウシュウ ジツワ
出版元 信濃米作改良会
刊行年月 大正3
版表示 再版
ページ数 335, 4p
大きさ 22cm
NCID BA71461029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43018991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想