諸名家の乃木大将観

加藤教栄 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 國士の觀たる乃木大將
  • 同情の淚 / 1
  • 將軍の心 / 4
  • 上下共に覺醒 / 7
  • 古武士の典型 / 9
  • 彼は神也 / 11
  • 警吿を與へたる死 / 19
  • 信仰の對象 / 21
  • 死に對する讚美 / 24
  • 素行の崇拜人 / 26
  • 生存の苦痛 / 27
  • 模倣者を憂ふ / 33
  • 秩序の觀念 / 35
  • 死の覺悟 / 36
  • 無限の意味 / 38
  • 曲學阿世の徒 / 39
  • 學者の觀たる乃木大將
  • 時弊と自殺 / 45
  • 現代と殉死 / 46
  • 自殺の動機 / 48
  • 人物を硏究せよ / 51
  • 殉死の流行 / 53
  • 武士道的最期 / 54
  • 大將の衒氣を排す / 58
  • 自殺の精神 / 66
  • 西洋心醉の俗論 / 68
  • 自殺の形式 / 70
  • 自殺に非ず / 71
  • 腐敗せる民心 / 73
  • 殉死の意義 / 74
  • 此の意氣 / 76
  • 大將と養子論 / 78
  • 彼は死せず / 80
  • 將軍の逸事 / 83
  • 信仰の實行 / 84
  • 彼は赤心の人也 / 85
  • 日本の風敎道德の一案 / 88
  • 人の行爲 / 90
  • 將軍の詩 / 92
  • 軍人の觀たる乃木大將
  • 實踐躬行の人 / 97
  • 男子の眞髓 / 98
  • 死を以て當る人 / 100
  • 毛利家の古例 / 102
  • 誠忠無二の人 / 103
  • 將軍の性格 / 105
  • 帝國の大なる損失 / 106
  • 虛榮を戒む / 109
  • 大將の平生と自殺 / 114
  • 愛兒の死と將軍 / 116
  • 嚴格の中に優味 / 118
  • 以心傳心 / 120
  • 官海の觀たる乃木大將
  • 責任の自覺 / 125
  • 神州正氣の發動 / 127
  • 國民を刺激す / 129
  • 將軍の雅懐 / 133
  • 貴族の觀たる乃木大將
  • 至情の人 / 139
  • 自刄の三大理由 / 139
  • 子弟敎養 / 144
  • 國民の儀表 / 146
  • 徒死に非ず / 147
  • 一絲亂れず / 148
  • レコード破り / 150
  • 日本武士の宗敎心 / 152
  • 普通の女に非ず / 158
  • 家を忘れ子を忘る / 160
  • 偉大なる敎訓 / 161
  • 女流の觀たる乃木大將
  • 將軍と夫人 / 167
  • 意氣投合 / 168
  • 質素の模範 / 169
  • 確乎たる精神 / 170

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 諸名家の乃木大将観
著作者等 加藤 教栄
書名ヨミ ショメイカ ノ ノギ タイショウ カン
出版元 東紅書院
刊行年月 大正1
ページ数 172p 肖像
大きさ 23cm
NCID BA60901924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43018394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想