兄・チェーホフの想い出

マリヤ・チェーホフ 著 ; 牧原純 訳

[目次]

  • まえがき / 5
  • 1 子供の頃 / 21
  • 2 困窮の時代 / 30
  • 3 新しい生活 / 36
  • 4 ヴァスクレセンスクとバブキノ / 44
  • 5 サドーヴァヤ・クドリンスカヤで / 62
  • 6 ルカにて / 83
  • 7 サハリン旅行 / 109
  • 8 バギーモフの夏 / 121
  • 9 領地さがし / 131
  • 10 メーリホヴァ / 137
  • 11 私の友人・リーカ / 168
  • 12 アントンと名付母 / 184
  • 13 「私の新しい友人たち」 / 192
  • 14 ペテルブルグの「かもめ」 / 195
  • 15 一六号室にて / 201
  • 16 兄のいない冬 / 210
  • 17 父の晩年 / 217
  • 18 ふたたび「かもめ」 / 226
  • 19 ヤルタへの移転 / 231
  • 20 芸術座 / 248
  • 21 兄の結婚 / 268
  • 22 ヤルタの生活 / 275
  • 23 兄の死と埋葬 / 304
  • 24 半世紀を経て / 311
  • 訳者のあとがき / 317

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 兄・チェーホフの想い出
著作者等 Chekhova, M. P.
Chekhova, Mariia Pavlovna
牧原 純
マリヤ・チェーホフ
書名ヨミ アニ チェーホフ ノ オモイデ
書名別名 Ani chehofu no omoide
出版元 未来社
刊行年月 1968
ページ数 318p 図版
大きさ 19cm
NCID BN04707927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想