各科教授の時勢的革新  第2輯 第2巻 上巻

小学教育研究会 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 將來の小學敎育 / 1
  • 一、 囚はれたる小學敎育 / 1
  • 二、 小學敎育の開放 / 4
  • 三、 小學敎育の平民化 / 6
  • 四、 小學敎育の獨立 / 9
  • 五、 忘れられたる女兒敎育 / 13
  • 六、 將來の小學敎育革新綱領 / 18
  • 第二章 將來の敎授 / 52
  • 一、 敎則と敎授の實際 / 52
  • 二、 簡明直裁主義の敎授 / 56
  • 三、 實力徹底主義の敎授 / 60
  • 四、 兒童本位の學習 / 65
  • 五、 創作工夫力を養成する敎授 / 68
  • 六、 觀察、實驗、作業、實習の尊重 / 72
  • 七、 個別的取扱 / 77
  • 八、 質問を主とする敎授 / 79
  • 九、 敎室內の學習本位 / 84
  • 十、 復習練習を主とする敎授 / 88
  • 十一、 實用的敎材の採擇 / 91
  • 十二、 國民的敎材の採擇 / 94
  • 十三、 敎科相互の補益 / 95
  • 十四、 敎科書の運用 / 99
  • 十五、 實績本位 / 105
  • 第三章 修身科 / 108
  • 一、 敎則の要旨と敎授の實際 / 108
  • 二、 主眼とすべき德性の涵養 / 109
  • 三、 修身科存廢の議と該科の敎授 / 112
  • 四、 國民性を基礎とすべき修身科敎授 / 115
  • 五、 忠孝の大義と家族制度 / 116
  • 六、 公民資質の養成 / 118
  • 七、 實社會本位の敎育 / 119
  • 八、 發展的意氣の修養 / 123
  • 九、 寓話敎授の主眼點 / 125
  • 十、 作話敎授の主眼點 / 127
  • 十一、 實話取扱の要領 / 128
  • 十二、 訓辭取扱の要領 / 132
  • 十三、 格言取扱の要領 / 134
  • 十四、 民度に基ける作法敎授 / 135
  • 十五、 說話の要訣 / 137
  • 十六、 道德的批判 / 139
  • 十七、 兒童の程度と取扱の實際 / 141
  • 十八、 修身敎育と訓練及び操行 / 142
  • 第四章 國語科 / 144
  • 一、 敎則の要旨と敎授の實際 / 144
  • 二、 方法に沒頭せる國語敎授 / 146
  • 三、 簡潔主義の國語敎授 / 147
  • 四、 國語敎授の努力點 / 149
  • 五、 反復練習主義 / 150
  • 六、 國語敎授による國民志操の涵養 / 151
  • 第五章 讀方敎授 / 153
  • 一、 讀方敎授の中心 / 153
  • 二、 整理すべき豫備問答と尋究 / 155
  • 三、 讀書趣味の養成と現行讀本 / 157
  • 四、 讀方敎授の内容上主とすべき材料 / 159
  • 五、 文字敎授に對する新傾向 / 160
  • 六、 言語敎授の方針 / 163
  • 七、 書取の尊重 / 165
  • 八、 文章敎授に對する新傾向 / 167
  • 九、 韻文取扱の要領 / 169
  • 十、 書翰文敎授の要領 / 170
  • 十一、 解釋法の革新 / 171
  • 十二、 暗誦の奬勵と權威ある文章 / 174
  • 十三、 語法修辭は第二 / 175
  • 十四、 復習法の建設 / 176
  • 第六章 綴方敎授 / 178
  • 一、 僞らざる實感の表出 / 178
  • 二、 獨創的綴方 / 179
  • 三、 活社會の要求に應ずる綴方 / 180
  • 四、 練習的綴方敎授 / 181
  • 五、 内在せる題材の採擇 / 182
  • 六、 思想吟味に對する新傾向 / 184
  • 七、 型を强ひざる記述 / 185
  • 八、 發動的腹案 / 186
  • 九、 一氣呵成の綴方 / 187
  • 十、 自力による推敲 / 188
  • 十一、 談話力、筆寫力の養成 / 190
  • 第七章 書方敎授 / 192
  • 一、 實社會の要求に應ずる書方敎授 / 192
  • 二、 細字本位 / 193
  • 三、 行書練習 / 194
  • 四、 簡明なる說明と巧妙なる示範 / 195
  • 五、 練習の徹底 / 197
  • 六、 個人指導 / 199
  • 七、 實用的速寫練習 / 200
  • 八、 重んずべき諳寫練習 / 201
  • 九、 訂正の用領 / 202
  • 第八章 算術科 / 205
  • 一、 敎則の要旨と敎授の實際 / 205
  • 二、 實用を主とせる算術敎授 / 207
  • 三、 各學年の主眼點 / 208
  • 四、 敎ふべき部分と究考せしむべき部分 / 209
  • 五、 確實なる檢答 / 211
  • 六、 取まぜた敎材の練習 / 213
  • 七、 敎材の主副 / 215
  • 八、 優劣に應ずる指導 / 217
  • 九、 直觀的施設 / 218
  • 十、 常に練習せしべき諳算 / 219
  • 十一、 運算の基礎たる四則練習 / 220
  • 十二、 珠算の價値と敎授の要領 / 221
  • 十三、 應用問題の實際化 / 223
  • 十四、 理解と發表 / 226
  • 十五、 運算の嚴密なる記述 / 228
  • 十六、 運算と檢算 / 229
  • 十七、 知識敎授 / 231
  • 十八、 敎材の整理 / 232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 各科教授の時勢的革新
著作者等 小学教育研究会
書名ヨミ カクカ キョウジュ ノ ジセイテキ カクシン
シリーズ名 小学教育実際叢書 ; 第2輯 第2-3巻
巻冊次 第2輯 第2巻 上巻
出版元 小学教育研究会
刊行年月 大正6
ページ数 2冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
43008173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想