男女思ひのふみ

太田柏露 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 歌骨牌會に / 1
  • 二 同返事 / 2
  • 三 梅の花に添へて / 3
  • 四 同返事 / 4
  • 五 羽田へ友を誘ふ / 5
  • 六 同返事 / 6
  • 七 摘草に / 7
  • 八 同返事 / 8
  • 九 花見に友を / 10
  • 一〇 同返事 / 11
  • 一一 牡丹を送つて / 12
  • 一二 同返事 / 13
  • 一三 海邊から / 17
  • 一四 同返事 / 18
  • 一五 停車場から / 19
  • 一六 舊都から / 23
  • 一七 海水浴から / 25
  • 一八 箱根から / 27
  • 一九 散歩に誘ふて / 29
  • 二〇 同返事 / 29
  • 二一 萩の一枝 / 30
  • 三二 同返事 / 33
  • 二三 異郷の月に立ちて / 34
  • 二四 病院から / 40
  • 二五 紅葉見物に / 41
  • 二六 同返事 / 43
  • 二七 信濃の女から / 47
  • 二八 別れた女へ / 48
  • 二九 豪奢の友を戒めて / 49
  • 三〇 不安の猜疑 / 58
  • 三一 妹の結婚を祝ふて / 59
  • 三二 失戀の友へ / 63
  • 三三 悔悟の涙 / 64
  • 三四 淺間山下を過ぎて / 68
  • 三五 妻君難 / 69
  • 三六 若き姉より / 73
  • 三七 藝者から / 75
  • 三八 同 / 77
  • 三九 忘れ物を届けて / 79
  • 四〇 カフエーの女から / 81
  • 四一 碁の友へ / 84
  • 四二 病床より / 88
  • 四三 父の死 / 89
  • 四四 田舎から / 91
  • 四五 兄の放蕩を戒めて / 93
  • 四六 敗殘者から / 95
  • 四七 歸省の友へ / 95
  • 四八 女優志願の女へ / 99
  • 四九 漂浪の旅から / 102
  • 五〇 嫁せんとする女へ / 104
  • 五一 別れた妻から / 105
  • 五二 老孃から / 106
  • 五三 兄の病氣を / 108
  • 五四 失意の友を慰めて / 109
  • 五五 雜誌から交際を / 113
  • 五六 同返事 / 115
  • 五七 友の放蕩を戒めて / 116
  • 五八 銀行から / 120
  • 五九 花婿撰定(端書から) / 121
  • 六〇 妻帶條件(同) / 126
  • 六一 海から(同) / 127
  • 六二 同返事(同) / 128
  • 六三 兵營から(同) / 128
  • 六四 友の結婚を祝ふて(同) / 129
  • 六五 夫の腑甲斐なさを / 130
  • 六六 富士の頂上から / 131
  • 六七 臺灣の月 / 132
  • 六八 未決檻房から / 133
  • 六九 恁麼事から / 136
  • 七〇 犬に添へて / 145
  • 七一 モデルの女から / 146
  • 七二 打捨て置いて貰ひたい / 148
  • 七三 調刺三言(一、二、三) / 150
  • 七四 大葬物から / 153
  • 七五 運座に友を招く / 154
  • 七六 同返事 / 154
  • 七七 箱根二題(大地獄、芦之湖) / 155
  • 七八 懷かしい妹へ / 157
  • 七九 拾ひ物を届けて / 159
  • 八〇 同返事 / 160
  • 八一 芝居見物に / 161
  • 八二 同返事 / 162
  • 八三 出産を祝ふて / 167
  • 八四 同返事 / 168
  • 八五 待合から / 169
  • 八六 怎うしたらいいでせう / 171
  • 八七 友へ無心 / 173
  • 八八 同返事 / 174
  • 八九 昔の遊女の文から / 175
  • 九〇 本多作衛門の手紙 / 177
  • 九一 曾我五郎の手紙 / 178
  • 九二 馬代請求 / 178
  • 附録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 男女思ひのふみ
著作者等 太田 柏露
書名ヨミ ダンジョ オモイ ノ フミ
書名別名 Danjo omoi no fumi
出版元 豊文館
刊行年月 大正7
ページ数 178, 20p
大きさ 11×15cm
全国書誌番号
42010729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想