霊?魔?悟空怪遊記

三多羅法師 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 靈魂養孕して源流出づ、心性修持して大道生ず / 1
  • 菩提眞砂の理に悟徹す、魔を繼ち本に歸し元神に合す / 5
  • 四海千山皆な拱伏す、九幽十類盡く名を除く / 12
  • 官弼馬に封ず心何ぞ足らん、名を齋天と註し意未だ寧からず / 23
  • 蟠桃を亂して大聖丹を偸む、天宮に反つて諸神恠を捉ふ / 27
  • 觀音、會に趣き原因を問ふ、小聖威を施して大聖を降す / 31
  • 我佛敎を造りて極樂に傳ふ、觀音旨を奉じて長安に上る / 43
  • 心猿正に歸す、六賊踪なし / 48
  • 蛇盤山に諸神暗に佑く、應愁澗に意馬韁を收む / 55
  • 觀音院の僧實貝を謀る、黒風山の恠袈裟を窃む / 58
  • 行者大に黒風山を鬧す、觀音熊羆の恠を收伏す / 62
  • 觀音院に唐僧難を脱す、高老莊に行者魔を降す / 67
  • 雲棧洞に悟空八戒を收む、浮屠山に玄奬心經を受く / 72
  • 黄風嶺に唐僧難あり、半山中に八戒先を爭ふ / 76
  • 護法莊を設けて大聖を留む、須彌靈吉風魔を定む / 79
  • 八戒大に流沙河に戰ふ、木又法を奉じて悟淨を收む / 85
  • 萬壽山に大仙故友を留む、五莊觀に行者人參を窃む / 91
  • 孫行者三島に方を求む、觀世音の甘泉機を活す / 103
  • 尺魔三唐長老を戯す、聖僧恨て美猴王を逐ふ / 106
  • 華果山に群猴義を衆む、黒松林に唐僧魔に逢ふ / 112
  • 難を脱れて江流國土に來る、恩を承けて八戒山林に轉ず / 116
  • 邪魔正法を侵す、意馬心猿を憶ふ / 121
  • 猪八戒、義、猴王を釋す、孫行者、智、妖恠を降す / 127
  • 平頂山に功曹信を傳ふ、蓮花洞に木母災に逢ふ / 135
  • 外道眞性を迷はす、元神本心を助く / 142
  • 魔頭巧算して心猿を困む、大聖騰那寶貝を騙す / 152
  • 外道威を施して正性を欺く、心猿寶を獲て邪魔を伏す / 161
  • 三清觀に大聖名を留む、車遲國に猴王法を顯はす / 167
  • 外道強を弄して正法を欺く、心猿聖を顯して諸邪を滅す / 181
  • 禪王呑餐して鬼子を懷む、黄婆運水して邪胎を解く / 195
  • 滅し難し加持圓大覺、法王正體を成して天然 / 204
  • 眞行者落伽山に苦を訴ふ、假猴王水簾洞に文を寫す / 210
  • 二心大に乾坤を攪亂す、一體、眞に寂滅を修し難し / 215
  • 蛇羅を拯救して禪性穏なり、汚穢を脱離して道心清し / 223
  • 情亂れて性に從ふは愛欲に因る、神昏く心動いて魔頭に遇ふ / 229
  • 盤絲洞に七清本を迷す、濯垢泉に八戒形を忘る / 242
  • 精、舊恨に因て災毒を生ず、心主麗に遭ひて幸に光を破る / 247
  • 猿熟し馬馴れて方に殻を脱す、功成り行滿ちて眞如を見る / 251
  • 徑に東土に囘る、五聖眞を成す / 261

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 霊?魔?悟空怪遊記
著作者等 三多羅法師
書名ヨミ レイ マ ゴクウ カイユウキ
出版元 大屋書房
刊行年月 大正3
ページ数 271p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42006772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想