西郷南洲

小金井蘆洲 講演

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 隆盛の家系及び薩摩少年子弟の氣風 / 1
  • 二 吉之助圖らずも少女の危難を救ふ / 11
  • 三 吉之助山野に放火して遠島の刑に處せらる / 23
  • 四 侍女お由良齋彬卿の籠を得て愛妾となる / 34
  • 五 家中齋彬派久光派と分れ圖らずも騒動起る / 44
  • 六 騒動納まり齋彬卿襲封吉之助島より歸る / 55
  • 七 吉之助始めて藤田東湖先生に面會する / 65
  • 八 東湖先生よりの紹介を以つて志士との交際 / 76
  • 九 第二のお由良騒動安政の大地震 / 86
  • 一○ 西郷の角力好き、橋本左内に初封面 / 99
  • 一一 吉之助の歸國、中村半助との交際 / 110
  • 一二 志士都に集まつて盛んに議論を戰はす / 118
  • 一三 西郷死を止まり内勅を奉じて江戸へ下る / 129
  • 一四 志士の召し捕り、安政の大疑獄 / 140
  • 一五 吉之助一藝妓に馴染み爲めに難を免る / 150
  • 一六 西郷と月照の兩人いよいよ薩摩落ちと定む / 161
  • 一七 西郷と月照相抱いて薩摩灣へ身を投ず / 172
  • 一八 吉之助再たび大島へ流刑に處せられる / 181
  • 一九 圖らずも遠島中に重野に出會ふ / 193
  • 二○ 西郷遠島中妻帶して一子を生む / 203
  • 二一 中山大久保の願によつて吉之助島より歸る / 214
  • 二二 吉之助主君の不興を蒙むり三度目の遠島 / 224
  • 二三 伏見寺田屋に於ける浪士の集合、大騒動 / 234
  • 二四 急に赦免となり軍賦役を命ぜられる / 245
  • 二五 西郷始め志士奔走して遂に討幕の詔勅下る / 255
  • 二六 西郷説を固く持し鳥羽伏見に於いて幕軍を破る / 266
  • 二七 官軍は三道より近軍、山岡鐵太郎の使節 / 277
  • 二八 幕末の俊傑勝安房守との秘密の會合 / 288
  • 二九 勅使東に參向、江戸城の明け渡し / 298
  • 三○ 江戸城の開城、慶喜公水戸へ退隱 / 308
  • 三一 御維新の大業、西郷陸軍大將となる / 319
  • 三二 隆盛閣臣を相手に征韓論の主張 / 329
  • 三三 閣臣と意見合はず職を辞して故國に歸る / 339
  • 三四 私學校を建て自から野に出でて耕やす / 351
  • 三五 刺客二十餘名鹿兒島へ入り込む / 361
  • 三六 私學校黨造船所へ亂入して彈藥を奪ふ / 372
  • 三七 私學校徒不穏の行動、軍艦高雄急行す / 384
  • 三八 隆盛青年等の爲めに身を犠牲として立つ / 393
  • 三九 桐野篠原の頼みによつて永山彌一郎起つ / 404
  • 四○ 谷干城將軍櫻花の下で對戰策を講ずる / 415
  • 四一 兩軍の烈しき大衝突、熊本の籠城 / 424
  • 四二 谷村計介一死を賭して官軍の聯絡を全ふす / 436
  • 四三 田原阪の激戰、篠原國斡の壯烈なる戰死 / 447
  • 四四 熊本城内より突圍隊をつくつて進撃する / 457
  • 四五 官軍聯絡を通じ薩軍いよいよ敗走す / 467
  • 四六 薩軍はいよいよ迫つて城山に楯籠る / 480
  • 四七 大英雄西郷隆盛の悲しき末路 / 489

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西郷南洲
著作者等 小金井 蘆洲
関西速記教会員
書名ヨミ サイゴウ ナンシュウ
シリーズ名 長編講談文庫 ; 第15編
出版元 博多成象堂
刊行年月 大正7
ページ数 499p
大きさ 19cm
NCID BB11114294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42002952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想