日蓮記 : 講談

柴田薫 講演

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 善日熱心に説敎を聽く / 1
  • 二 善日遂に出家となる / 12
  • 三 清澄山を下つて修業の門出 / 19
  • 四 高僧日蓮と名乗り弘法に苦心す / 39
  • 五 松葉谷草庵にて八宗をののしる / 56
  • 六 日蓮再鎌倉に出で檀徒を得 / 69
  • 七 日蓮安國論を著はし最妙寺時賴に建白す / 88
  • 八 祖師の高德危難を免かる / 106
  • 九 日蓮漁夫彌三郎の爲に危難を救はる / 121
  • 十 高祖の威徳目前に靈妙を現はす / 136
  • 一一 日蓮赦免され鎌倉に歸へる / 153
  • 一二 日蓮雨を降らして他僧の怨を受く / 165
  • 一三 龍の口怪異日蓮一命を助かる / 180
  • 一四 日蓮佐渡に流され道を擴む / 195
  • 一五 佐渡三昧堂に於て八宗の僧を説破す / 209
  • 一六 日蓮の赦免青天白日の身となる / 226
  • 一七 日蓮身延山の靈地に到る / 237
  • 一八 高祖日蓮の入寂 / 250
  • 後編 高遠城 / 自153至160
  • 小説 七化八變 / 自179至185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日蓮記 : 講談
著作者等 柴田 薫
柴田 薫
書名ヨミ ニチレン キ : コウダン
シリーズ名 八千代文庫 ; 第62編
出版元 大川屋
刊行年月 大正7
ページ数 265p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42002391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想