地理科用描図法 : 地図の描き方並に読み方

柘植重美, 高野松次郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 緒論 / 1
  • 描図の必要 / 1
  • 方位 / 2
  • 方位測定の簡法 / 3
  • 尺度 / 4
  • 縮尺 / 5
  • 地形図に於ける図式 / 7
  • 第二章 水平曲線及暈滃 / 10
  • 水平曲線 / 10
  • 水平曲線の種類 / 13
  • 暈滃 / 14
  • 暈滃の描き方 / 15
  • 第三章 測図 / 19
  • 路上測図 / 19
  • 基線 / 20
  • 距離の目測 / 22
  • 音響測量 / 24
  • 水準測図 / 24
  • 水平曲線の記入 / 27
  • 第四章 晴雨計を以て高低を測る法 / 28
  • 晴雨計 / 28
  • 高低の差を求むる公式 / 29
  • 緯度によれる気圧の変化 / 33
  • 気圧の定時変化 / 34
  • 第五章 経緯線及本初子午線 / 37
  • 経緯線 / 37
  • 経緯線の必要 / 38
  • 緯度を測る法 / 39
  • 経度を測る法 / 40
  • 本初子午線及各国標準時 / 41
  • 第六章 透視法 / 44
  • 正射透視図法。其一、其二、其三 / 44
  • 平射透視図法。其一、其二、其三 / 51
  • 第七章 投影法 / 57
  • 等積円柱投影図法 / 57
  • メルカトール投影図法 / 58
  • 大環投影図法。其一、其二、 / 61
  • 普通円錐投影図法 / 63
  • 改良円錐投影図法 / 71
  • 多円錐投影図法(地球儀描図法) / 76
  • 第八章 便宜法 / 81
  • 球状図法、其一、其二、其三、其四、其五 / 81
  • サンソン、フラムスチード図法 / 83
  • 楕円形図法 / 84
  • 第九章 記憶によりて地図を描く法 / 86
  • 南アメリカ洲 / 87
  • アフリカ洲 / 89
  • 北アメリカ洲 / 91
  • ヨーロッパ洲 / 93
  • アジヤ洲 / 94
  • 太洋洲 / 96
  • フランス / 97
  • イギリス / 99
  • 日本全国 / 100
  • 第十章 スウィンステッド氏の記憶描画法 / 103
  • 南アメリカ洲図式 / 107
  • 南アメリカ洲 / 108
  • 北アメリカ洲 / 109
  • アフリカ洲 / 110
  • ヨーロッパ洲 / 111
  • アジヤ洲 / 112
  • 太洋洲 / 113
  • インド半島 / 114
  • イギリス / 115
  • フランス / 116
  • 第十一章 地図の読み方 / 118
  • 位置 / 118
  • 方位 / 118
  • 距離 / 119
  • 面積 / 120
  • 地形 / 120
  • 第十二章 描図上の諸注意 / 122
  • 用紙 / 122
  • 方眼紙 / 122
  • 複写紙 / 122
  • 転写紙 / 123
  • 写図縮図及伸図 / 123
  • 注記 / 125
  • 彩色 / 126
  • 過失の時の心得 / 127
  • 第十三章 描画の発達 / 128
  • 図法の沿革 / 128
  • 土地の現図 / 130
  • 処誌地図 / 132
  • 普通地図 / 135
  • 特殊の地図 / 136
  • 模型地図 / 140
  • 地球儀 / 141

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地理科用描図法 : 地図の描き方並に読み方
著作者等 柘植 重美
高野 松次郎
書名ヨミ チリカヨウ ビョウズホウ : チズ ノ エガキカタ ナラビニ ヨミカタ
出版元 尚友館
刊行年月 明39.7
ページ数 142p 図版 地図
大きさ 23cm
NCID BA35522607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41020592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想