大昔の狩人の洞穴

ハンス・バウマン 作 ; 沢柳大五郎 訳

[目次]

  • もくじ
  • 四人の少年と一ぴきの犬 / 15
  • 先生がインディアンの踊りをおどる / 42
  • 神父さんはパリにはいなかった。それでも、やって来た / 58
  • アルタミーラの少女 / 65
  • 氷河の話 / 74
  • ビゾンのまなざし / 84
  • 王さまが来た / 90
  • 世界じゅうの学者たち / 104
  • 口のきけない画家 / 120
  • 矢は谷を越えて / 145
  • 地下の流れとネコ穴 / 180
  • ビゾン踊りの洞穴 / 193
  • 手型の秘密 / 205
  • ふたたび光の中に / 217
  • さてマルセル君ジャック君、ありがとう / 221
  • 参考書 / 224
  • 訳者のあとがき / 225
  • さし絵もくじ
  • 「魚」ペッシュ=メルル(フランス) / 目次
  • 「野生馬の群」リムイユ(フランス) / 中扉
  • 「シカ狩り」バルトルタ(南スペイン) / 13
  • 「けものの皮を着た魔術師」ラスコー(フランス) / 30
  • 「泳ぐ牡ジカ」ラスコー(フランス) / 33
  • 「ビゾン」フォン・ド・ゴーム(フランス) / 45
  • 「ビゾン」モンテスパン(フランス) / 55
  • 「魚」トロア・フレール(フランス) / 70
  • 「マンモス」レ・コンバレル(フランス) / 76
  • 「野生馬」アルタミーラ(スペイン) / 94
  • 「矢を射る人」バルトルタ(スペイン) / 108
  • 「狩人」エルス・セカンス(スペイン) / 109
  • 「野生ヤギ」ラ・ムート(フランス) / 119
  • 「野生ブタ狩り」ガズラ(スペイン) / 126
  • 「野生馬」ニオ(フランス) / 132
  • 「爪のあと」ラ・ボム・ラトローヌ(フランス) / 141
  • 「クマ」レ・コムバレル(フランス) / 147
  • 「傷ついたビゾン」ピンダル(スペイン) / 149
  • 「毛深サイ」フォン・ド・ゴーム(フランス) / 153
  • 「射手」バルトルタ(スペイン) / 162
  • 「血を吐くクマ」トロア・フレール(フランス) / 187
  • 「野生のロバ」トロア・フレール(フランス) / 191
  • 「けものと魔術師」トロア・フレール(フランス) / 196
  • 「象」ピンダル(スペイン) / 199
  • 「魔術師」エスペリューグ(フランス) / 208
  • 「手型」ガルガス(スペイン) / 215

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大昔の狩人の洞穴
著作者等 Baumann, Hans
沢柳 大五郎
ハンス・バウマン
書名ヨミ オオムカシ ノ カリュウド ノ ドウケツ
書名別名 Oomukashi no karyudo no doketsu
シリーズ名 岩波少年文庫 ; 109
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和30
ページ数 229p 図版
大きさ 18cm
NCID BN03764572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45027294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想