日本魂 : 征清小説

松本正純 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 天性の膂力に。大鮫波上に躍り。行軍の活溌に。勇士入営を企つ。
  • 第二章 胸襟を開て。二士觴を酒保の楼に挙げ。忠義を語て。三人義を藤架の下に結ぶ。
  • 第三章 五師団の召集。面会所の愁嘆場。六十路の老翁。左文字の形見分。
  • 第四章上 竜山の幕営に。健卒無事に苦み。漢江の空屋に。勇士美人に遇ふ。
  • 第四章下 孝子妓生に装し閔泳駿を狃ひ。佳人間者と為て牙山営に入る。
  • 第五章 山上の置酒。暗に訣別の飲に擬ゑ。月下の横笛。遥に美人の信を伝ふ。
  • 第六章 安城の討死。誉を千歳に留め。成歓の奮闘。字を八首と賜ふ。
  • 第七章 主死して。馬。歓迎の式場に悲鳴し。歌存つて。弟。二行の手跡に号泣す。
  • 第八章 佳人の通信。字字此酸。義士の祭文。句句此涙。
  • 第九章 勇を皷し泅で渡る大同江。死を決し攀て登る玄武門。
  • 第十章 佳人頼を果して京城に還り。勇士義に感じて合巹を諾す。

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本魂 : 征清小説
著作者等 松本 正純
書名ヨミ ヤマトダマシイ : セイシン ショウセツ
出版元 鷹揚館
刊行年月 明28.2
ページ数 102p
大きさ 20cm
全国書誌番号
41010950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想