名誉長者鑑

編輯人不詳

[目次]

  • 目次
  • 上巻
  • 紀伊国屋文左衛門先祖の事並奇童文平生立の事
  • 文平清涼寺参籠の事並和歌山町人大黒屋庄左衛門が事
  • 文平再度清涼寺へ趣く事並釈迦尊遷座の事
  • 長兵衛開帳場所掛をなす事並嵯峨の釈迦和歌山にて開帳の事
  • 釈迦仏城内へ請待の事並文平黄金を得て故郷へ帰る事
  • 文平江戸へ発足に付き庄左衛門添書の事並長兵衛江戸へ趣く事
  • 文平金右衛門に面会の事並文平八丁堀にて開業改名の事
  • 明暦三丁酉年大火の事並振袖火事と云由来の事
  • 丸山火事騒動の事並紀文施行する事
  • 紀文木場へ人足を集る事並鎌田又八怪力の事
  • 文左衛門再び施行出す事並又八紀文が許に到る事
  • 紀文新吉原見物の事並三浦屋高尾伝説の事
  • 中巻
  • 二代より以下高尾由来の事並伊達家難儀の事
  • 紀伊国屋文左衛門伊達家へ取入事並仙台侯の金主を望む事
  • 紀文伊達家金主約定の事川浚落成の事並紀文箱根湯治発足の事湯元到着の事
  • 紀文湯元遊興の事文左衛門賊難に遭事並紀文即智又八盗賊を追んとする事
  • 鎌田又八賊の巣を窺ふ又八力量を顕す事並妻お此妊娠附二代目紀文誕生の事
  • 鎌田又八同輩の死を止る事並文平善七の窮厄を救ふ事
  • 紀伊国屋文左衛門病死の事並遺言に因て長兵衛紀州へ出立の事
  • 紀文長兵衛を再ひ本国へ遣す事並本国の樒柑を買集る事
  • 紀伊国屋文左衛門樒柑の商法利潤の事並長兵衛才助苗字を貰ひ別家する事
  • 紀文船にて涼@に出る事並其角三囲にて雨乞の事
  • 下巻
  • 紀文白雲を初め花街に遊興の事並大雨不思議に市在を潤す事
  • 紀文大尽と称せらるる事並廟中雪解を催す事
  • 紀文余興を尽す事並高尾を揚る事
  • 紀文永代橋と架る事並富ケ岡八幡へ神与寄附の事
  • 紀文碁将棊を翫そぶ事並祥雲寺にて義士寺坂吉右衛門に面会の事
  • 紀文祥雲寺へ一泊吉右衛門物語りの事並吉右衛門義士の伝演説の事
  • 赤穂義士物語り余談義士分限帳の事並紀文寺坂閑談紀文吉右衛門に厚謝の事
  • 紀文宗〓へ面会の事一輪牡丹を好む事並紀文花街遊興の事
  • 紀文途中難議の事並寺坂信行紀文を救ふ事
  • 吉右衛門紀文に面会の事始@物語る事並紀文寺坂へ金を用達事
  • 宝井其角没する事並紀文師の追福を営む事
  • 紀伊国屋文左衛門深川へ隠居の事並寺坂信行紀文を問ふ事

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 名誉長者鑑
著作者等 編輯人不詳
書名ヨミ メイヨ チョウジャ カガミ
書名別名 Meiyo choja kagami
出版元 金桜堂
刊行年月 明19.12
版表示 2版
ページ数 166p
大きさ 19cm
全国書誌番号
41006817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想